文字サイズ変更

【参加者募集】災害時の多言語支援のための通訳ボランティア

2019.11.13

【参加者募集】災害時の多言語支援のための通訳ボランティア

頻繁に起こる大規模災害
 近年、日本各地で大規模な災害が発生し、甚大な被害が起きています。
 本年の台風19号やその後の大雨により多くの方々が亡くなられ、住民生活や経済活動などにも大きな支障が出ていることは記憶に新しいところです。
 鹿児島市においても今年の大雨で7月に全市に避難指示が出され、また、最近は桜島の火山活動が活発化しており、将来は大正噴火のような大爆発も起きると言われています。

グローバル化が進む鹿児島市
 一方で、鹿児島市に住んでいる外国人は過去5年間で1.5倍に増えて3千人を超えています。外国人観光客も昨年は過去最高になるなど、鹿児島市のグローバル化はこれからも進行していくものと思われます。

災害時の外国人支援
 このような中で、当財団では大規模災害が発生したときに外国人の支援を行う取組みを進めていますが、将来の災害時多言語支援センターの活動を見据えて、今年度は桜島の総合防災訓練に合わせて、多言語情報の発信などを行う予定で、そのために下記のとおり通訳ボランティアの方々を募集いたします。

1 災害時の通訳ボランティア研修
 ⑴ 日時 令和元年12月1日(日)13時~16時
 ⑵ 場所 鹿児島市役所西別館2階
 ⑶ 内容 下記、桜島爆発総合防災訓練で活動ができるようになるための研修(「災害時多言語支援センター」勉強会)
 ⑷ 募集人員 30人(研修会だけの参加も可能)

2 桜島爆発総合防災訓練への参加
 ⑴ 日時 令和2年1月11日(土)9時~15時30分
 ⑵ 場所 ①9時~11時:市役所 ②12時~15時30分:天保山中学校(①だけ、②だけ …の参加も可能)
 ⑶ 内容 ① 市が市民に向けて発する情報を多言語に翻訳し、在住外国人向けに情報発信する。
      ② 避難所での運営訓練への参加(外国人の状況確認、ニーズ調査等)
 ⑷ 募集人員 10~15人

【応募方法】
①参加希望の事業(「12/1 研修」、「1/11 桜島訓練 ①or②or①②」)、②住所・〒、③お名前・ふりがな、④電話番号、⑤Eメールアドレス、⑥通訳・翻訳可能な言語、⑦語学レベル をご記入の上、Eメール、FAX、ハガキ等で、下記事務局までお送りください。

【申込締切日】 
令和元年11月22日(金)

【お申し込み・問い合わせ先】
(公財)鹿児島市国際交流財団
〒892-0816 鹿児島市山下町 15-1
TEL 099-226-5931   FAX 099-239-9258
Email kokusai@kiex.jp   ※件名を「災害時通訳ボラ」としてください

  • 〒892-0816
    鹿児島県鹿児島市山下町15-1
    TEL (099)226-5931
    FAX (099)239-9258
  • 15-1 Yamashita-cho kagoshima
    892-0816 Japan
    TEL (81) 99-226-5931
    FAX (81) 99-239-9258

Copyright (C) 公益財団法人 鹿児島市国際交流財団 All Rights Reserved.