文字サイズ変更

Be Global~国際人として活躍するために~開催リポート

2016.04.30

◆日時:平成28年3月27日(日)13:00~15:30
◆場所:かごしま市民福祉プラザ5階大会議室

世界で活躍するには?国際社会へ貢献するには?

国際協力の分野で活躍されている方々をお招きし、「国際人」として世界で活躍するために必要な知識や資質とはどのようなものかを考える「Be Global~国際人として活躍するために~」を開催し、121名の皆さんにご参加いただきました。

1

 第一部では、南米ボリビア・オキナワ市で保健師として高齢者デイサービスやヘルパーサービスなどの活動を行っていた青年海外協力隊帰国隊員の坂元絵理さんに活動報告を行っていただきました。
高齢者の家を戸別訪問し、日本式デイサービスの活性化に尽力した経験談のほか、ボリビアには、沖縄にルーツを持つ日系人が多く住み、三線やエイサーなどの文化が根付いていることなどについて写真を交えながら紹介していただきました。

 

2

 第二部では、女性のための平和親善大使としてアメリカを中心に活躍されているニア・ライトさんの基調講演。キャスター、作家として活動するとともに、パートナーでハリウッド俳優の小山田真さんとともに社会貢献活動や青少年の文化交流活動などに力を入れているニアさんは、「言語や文化を学ぶことは世界へ出ていく上でとても大切。ただもっと大切なのは“内面の美”を磨き、その能力によって人や社会の役に立つこと」と国際交流・社会貢献の枠を超え、人として大切な考え方や物事のとらえ方についてもお話しいただきました。

 

3 第三部のパネル・ディスカッションでは、ニア・ライトさんのほか、青年海外協力隊帰国隊員の永野田彩さん(エルサルバドル派遣)、桑山大さん(モンゴル派遣)、渕上印刷代表取締役社長の門田晶子さん、鹿児島大学かごしまCOCセンター講師の酒井佑輔さん、駐日コロンビア共和国大使館 地域協力・広報担当のパウラ・エスゲラ・ラセルナさんにお越しいただき、それぞれが体験した失敗談や日常生活を送る中での“心”の変化などについてお話しいただきました。国際人達の失敗談に、会場からは大きな笑い声も上がっていました。

 

参加者の皆さんは、今回のイベントを通し世界で活躍している方々の考えに触れ、それぞれが目指す国際人の在り方について考えを深めることが出来たようです!

 

——————————————————————————————————–
《番外編 ~参加者が考える国際人~》
◆会場に設置させていただいた「あなたが考える国際人とは?」という問いに答えてくださった皆さんの答えをいくつかご紹介します。

*認め合えること(ヒト)
*いろいろな国を行き来して交流する人
*世界で活躍する人
*世界に目を向けている人
*様々な文化や宗教などの違いを理解したうえで柔軟な考え方ができる人
*世界のことだけじゃなく、人文の国のこともたくさん知っている人
*それって本当?と自分に問える人
*自分を変えられる人
*性別、国、宗教、肌の色…そういった違いを超えて一人一人の“個性”として認識できる包容力のある人
*自己主張がしっかりできる人
*お金ではなくて、心で相手に求められる人
*人のことを考えて行動できる人。これからの私たち。

お答えいただいた皆さん、多くの素敵なご回答ありがとうございました!

  • 〒892-0816
    鹿児島県鹿児島市山下町15-1
    TEL (099)226-5931
    FAX (099)239-9258
  • 15-1 Yamashita-cho kagoshima
    892-0816 Japan
    TEL (81) 99-226-5931
    FAX (81) 99-239-9258

Copyright (C) 公益財団法人 鹿児島市国際交流財団 All Rights Reserved.