文字サイズ変更

イベントレポート・他団体情報

【イベントレポート】令和3年度登録団体交流会

2021.08.18

 鹿児島市国際交流センターに登録団体としてご登録いただいている27団体を対象に、令和3年度登録団体交流会を開催し、15団体15名の方々にご参加いただきました。

 当センターからのあいさつに始まり、登録団体の紹介、センターの事業について説明を行いました。続いて、国際交流への理解や登録団体同士の相互理解を目的として、アンクルンビネカ鹿児島及びNPO法人若者・留学生サポートステーション響の代表の方に団体活動報告を行っていただきました。活動報告を行うことで、他団体の活動方法が勉強になった、コロナ禍での活動の工夫が参考になった、との声が挙げられました。
 その後は、当センターを利用した感想や意見、当財団への要望などをテーマに意見交換会を行い、在住外国人が鹿児島でより生活しやすくなるよう、また国際交流がより推進されるためのご意見等をいただき、当センターとしてもいただいたご意見等を参考に事業等を進めていきたいと思います!
 当センターでは、国際交流活動を行っている団体を対象に、随時センターの団体登録を行っております。ご不明な点がありましたら、お気軽にご質問ください。

IMG_0608IMG_0613

【他団体情報】自由研究応援イベント!「青年海外協力隊お話をモルティブ新聞を作ろう!」

2021.08.09

JICAデスク鹿児島が、自由研究応援イベントを開催!

青年海外協力隊として2年間、モルディブで活動していたカーリーと一緒に、楽しくモルディブについて学びましょう!モルディブクイズ10連発やターナ文字の暗号解読!などワクワクの内容が盛りだくさんです!ぜひ皆さんのご参加をお待ちしております!

詳細はチラシをご覧ください⇒
チラシ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【イベントレポート】インドネシア語交流会

2021.07.29

 インドネシア人の方を対象に、母国語であるインドネシア語を使って情報交換することを目的に「インドネシア語交流会」を行いました!鹿児島在住の25名がかごしま国際交流センターに集まり、鹿児島に興味がある・今後鹿児島に来る予定があるインドネシア在住の14名がZoomを通じてイベントに参加してくださいました。

 インドネシアの飲み物”NU GreenTea Honey”と"Teh Botol"を受付で配り、イベントスタート。参加者の皆さんは「なつかしい!」と盛り上がっていました!

 まずは、鹿児島について紹介するプレゼンテーションを行いました。事前に参加者からヒアリングした内容をもとに、鹿児島での生活で知っておいた方がよいこと・公共交通機関について・鹿児島での留学生活等について情報を共有しました。

 その後は、グループに分かれてディスカッションを実施。鹿児島のいいところ・困ったこと・興味があること等について意見を出し合い、最後に各グループの代表者が発表を行いました。鹿児島でおすすめの食べ物から、入国の際に必要な検疫の経験談まで、様々な興味深い話を聞くことができました!

 参加者の方からは、「多くの情報を得ることができた」「新たに交友関係が広まった」「またオンラインと対面の両方でイベントを開催してほしい」などの声をいただきました。今回のイベントが、インドネシアの方々が鹿児島で暮らす一助となり、"多文化が共生する鹿児島"につながっていけばと思います!

 

 

 

 

 

 


 

【イベントレポート】七夕交流会~マレー語であそぼう~

2021.07.20

 7月10日(土)、「七夕交流会~マレー語であそぼう~」を行いました!7家族にご参加いただき、10名のお子さんが集まってくれました。

 今回は、かごしま国際交流センター居住施設にお住まいで、マレーシア出身のザルさんを講師にお迎えしました。2歳~7歳の4人のお子さんがいらっしゃる、とてもにぎやかでフレンドリーなザルさんファミリー。当日は、パパとママと一緒に子ども達もかわいらしい民族衣装に身を包み、イベントを盛り上げてくれました。

 前半は、ザルさんによるマレーシアについての文化紹介プレゼンテーションを行いました。国旗やアニメに関するクイズや、国の紹介動画、マレー語の紹介など盛りだくさんの内容で、子ども達も楽しそうにマレー語の発音を真似したりしていました。次は、奥様アイシャさんによるマレーシアの伝統的な物語の読み聞かせ。マレー語で聴く物語は雰囲気たっぷりで、日本とは違ったムードを味わうことができました!

 後半は、平山えい子さんを講師にお招きし、日本の七夕の文化紹介、七夕に関する紙芝居の読み聞かせ、七夕飾りの工作を行いました。七夕飾りや短冊の色に込められた意味を学んだ子ども達は、パパやママと一緒に思い思いに自分の好きな飾りを作っていました♪

 最後に願いを込めながら竹に飾り付けをし、イベントは終了しました☆彡

 鹿児島市国際交流センターの交流ラウンジには、今回のイベントで子ども達が作った七夕飾りや、さまざまな言語で書かれた短冊でいっぱいの竹が飾られています。ぜひ、興味のある方はお越しください♪

【イベントレポート】インターナショナルカレッジ

2021.06.25

 毎年恒例の、外国語で異文化を学ぶインターナショナルカレッジ。今年の第一回目は、個性豊かな4つの英語の講義を開講しました!鹿児島外語学院SGG、鹿児島iBS国際懇話会の協力をいただき、41名の方が参加してくださいました。

 1時間目は、「Introduction to Parliamentary Debate/パーラメンタリーディベート入門(講師:森年 エマ 日向子氏)」と「アメリカ映画・日本映画~双方への影響とは?~(講師:ペリー ポラード氏)」。ディベートのクラスでは、エマ先生のレクチャーのもと、様々な年代の皆さんがハキハキと英語で発言する姿が見られました。ペリー先生のクラスでは、"映画という文化を通して、アメリカと日本が影響し合うことで、新しいものが生み出されていることを知った""とても興味ある分野のレクチャーだった"といった感想をいただきました!

 2時間目は、「Sustainable Development Goals(SDGs)(講師:ミシェル松永氏)」と、「日本人が知らないブルガリア(講師:ニコライ ギュレメドウ氏)」。ミシェル先生のクラスでは、今話題のSDGsというテーマを英語で学びました。先生が実践している例や動画を織り交ぜながら分かりやすく説明していただき、SDGsに対する海外の反応も知ることができました。ブルガリア出身のニコライ先生のクラスは、楽しいクイズやきれいな写真がたっぷり。皆さん、とても盛り上がっていました!

 今回は英語を使って、異文化を学ぶイベントでしたが、当財団では今後、中国語や韓国語の語学文化講座も開催予定です。外国語を学ぶということは、その言語を通して異文化を学ぶことにつながると思います!あなたもぜひ、外国語を学ぶことをきっかけにして、国際理解を深めてみませんか?

【他団体情報】鹿児島県国際交流協会(かごしまけんこくさいこうりゅうきょうかい)主催(しゅさい): 日本語(にほんご)サロンおしゃべりひろば

2021.06.25

鹿児島県内(かごしまけんない)に住(す)む在住外国人(ざいじゅうがいこくじん)の方(かた)を対象(たいしょう)に、様々(さまざま)なゲストを呼(よ)んで、日本語(にほんご)でのフリートーキングを行(おこな)います。
今回(こんかい)のテーマは、Covid-19などの感染症(かんせんしょう)で、保健師(ほけんし)の方をお呼(よ)びします。
くわしくは、こちらチラシ

申込(もうしこ)みや質問(しつもん)は、鹿児島県国際交流協会(かごしまけんこくさいこうりゅうきょうかい)へしてください。
Tel:099-221-6620 E-mail:kia8@kiaweb.or.jp

【イベントレポート】ゆかた・いけばな教室/YUKATA&IKEBANA ~Japanese Culture Experience~

2021.06.08

 平年より早く梅雨入りした5月、かごしま国際交流センターには、憂鬱な気分もカラッと晴れるような色とりどりのお花が飾られました!

 お花は、「ゆかた・いけばな教室/YUKATA&IKEBANA ~Japanese Culture Experience~」で生けられたもの。ガラスの器とシルバーのワイヤーで作られた土台に生けられたお花はとても涼しげで、和の心を感じられました。

 そんな日本の心を、外国人の方にも感じてもらうことが目的の今回のイベント。生け花と、夏の風物詩である浴衣を体験していただきました。生け花の講師には川邉佳乃先生をお迎えし、浴衣の着付けには鹿児島県理容美容専門学校の方々のご協力をいただきました。

 まずは好みの浴衣と帯を選んでもらい、着付けを行いました。みなさんが浴衣姿になると場もパッと華やかになり、ますます雰囲気が盛り上がりました。そして生け花体験。川邉先生より、生け花についてのレクチャーを受けた後、実際にお花を生けていきます。ひとつひとつの花と向き合いながら、高さ・向きを工夫して生けていく作業は、とても楽しそうでした。その後、先生がひとりひとりの作品を見て、作品への思いを聞き取り、アクセントを加えて完成となりました。

 参加者の方々からは、「美の価値観を知ることができた」「授業と普段の生活だけでは知ることができないことを学んだ」「浴衣を着れて嬉しかった」といった声をいただきました!今回のイベントが、みなさんの日本の夏の思い出の一つになればと思います。

 

【他団体情報】国際協力講座③協力隊OBと語ろう!~セネガル編~

2021.06.06

 JICAデスク鹿児島では、開発途上国での活動を終えた協力隊OBに、派遣国や活動のあれこれについて、お話を伺う国際協力講座を開催します。

 第3回目の開催は、セネガル編!講師にJICA海外協力隊としてセネガルに派遣されていた羽生志穂氏をお招きし、隊員時代の活動をはじめ、セネガル文化や、セネガルあるある話等について語ってもらいます。参加者の皆さんと一緒に「語る」時間も設けてあります。この機会に、ぜひセネガルや国際協力について語りませんか?皆さんのご参加をお待ちしております!

日時:令和3年6月26日(土) 14:00~15:30

場所:オンライン(Zoom)

対象:高校生~大学生

参加費:無料

国際協力講座③_page-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【他団体情報】JICA海外協力隊パネル展~世界もあなたも、可能性に満ちている~

2021.06.06

 現在、JICAデスク鹿児島ではJICA海外協力隊2021年度春募集が行われており、それに合わせて、開発途上国で活動してきた隊員の写真展『JICA海外協力隊パネル展~世界もあなたも、可能性に満ちている~』を開催中です。現地の人々との関りや、その国ならではの文化など、隊員たちが見てきた❝世界❞を皆さんものぞいてみませんか?

日時:令和3年6月1日(火)~6月13日(日)

場所:かごしま国際交流センター 1階

参加費:無料

パネル展チラシ_page-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イベントリポート】日本語支援(プロジェクトワーク)

2021.05.15

 今まで行ってきたマンツーマンによる在住外国人の日本語支援を拡充し、令和2年度1月~3月かけて、日本人と在住外国人のグループによる日本語支援『プロジェクトワーク』を実施しました。

 有隣館代表の上迫氏、日本語教師の安田氏のコーディネートのもと、「異文化を知ろう!」をテーマに、全10回の講座がスタート。授業では、各参加者の異文化体験で驚いたことやどうしてだろう?と思った体験を共有し、その内容を台本として作り上げました。その過程で、日本人の参加者は、どのような日本語を普段使うのか、どのように台本を作りあげればより分かりやすいかなど、在住外国人の手助けをしながら、日本語支援を行いました。台本完成後は、実際に各参加者が台本の登場人物となり、演技やナレーションを担当し、動画を撮影。動画に必要な小物を考え準備したり、動画にしづらい台本は絵を描いて撮影したりなど、参加者の皆さんは試行錯誤しながら作品を完成させることができました。最終回の授業では、完成した作品を皆さんで鑑賞し、全10回を通して異文化への理解、及び日本語・日本語支援への理解を深めることのできるものとなりました。

DSC08560DSC08505

 

 

 

 

 

 

 

 

クイズ形式の作品が前編後編合わせて10個あります。ぜひクイズに挑戦してみてくださいね!

動画はこちら☞日本語支援(プロジェクトワーク)作品~前編~ – YouTube                                              

       日本語支援(プロジェクトワーク)作品~後編~ – YouTube

1 / 3123

鹿児島市国際交流センター

  • 休館日  月曜日
    (祝日の場合 翌平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
  • 開館時間  9:00~21:00
    (日曜・祝日は17:00まで)
  • 駐車場  乗用車14台
  • 交 通
    市電甲東中学校前電停からすぐ
    甲東中学校前バス停からすぐ

鹿児島市国際交流センター情報

  • (公財)鹿児島市国際交流財団
  • 鹿児島市民交流財団 フェイスブック
  • アジアん鹿児島
  • 鹿児島市
  • 鹿児島市 くらしのてびき
  • 鹿児島県国際交流センター
  • CLAIR 多言語生活情報

  • 〒892-0846
    鹿児島市加治屋町19番18号
    TEL (099)226-5931
    FAX (099)239-9258
  • 19-18 kajiya-cho kagoshima
    892-0846 Japan
    TEL (81) 99-226-5931
    FAX (81) 99-239-9258

Copyright (C) 鹿児島市国際交流センター All Rights Reserved.