文字サイズ変更

イベントレポート・他団体情報

【イベントレポート】世界の台所①ウクライナ

2022.06.17

外国の台所を訪ねるように、いろいろな国の料理と文化習慣等を学ぶ料理講座=世界の台所。
今年度1回目は、中学生から大学生の参加者の皆さんが、ウクライナの家庭料理「ボルシチ作り」を通じてウクライナの歴史や文化について学びました。

講師の先生は、ウクライナ出身の郡山虹夏(ルドルフ ヴェロニカ)さん。
ボルシチは、各家庭でそれぞれの味が受け継がれている伝統料理です。
今回は、肉を使わず、野菜だけで煮込んでいく昔ながらのレシピを教えていただきました。その昔、ウクライナでは肉を食べる習慣がなく、肉を食べるのは特別な日だけだったそうです。

参加者の皆さんは、ボルシチに欠かせない野菜「ビーツ」をこの日初めて調理しました。鮮やかな色合いと甘みのあるビーツに新鮮さを感じながら、出来上がったボルシチを美味しそうに食べていました。

後半の文化講座では、ウクライナの歴史や食文化、刺繍や装飾について学びました。
参加者からは、「他国の文化や料理を詳しく知れる機会はなかなかないので、すごく良い経験になった」や「家庭でも作ってみたい」との声が挙げられました。

今回、虹夏さんから教えていただいたレシピはこちら→ボルシチレシピ

是非、皆さんもご家庭で作ってみてください。

【イベントレポート】在住外国人のためのお天気教室&防災セミナー

2022.05.26

 在住外国人の方を対象に、『在住外国人のためのお天気教室&防災セミナー』を開催し、日本人見学者を含む28名の方々にご参加いただきました。

 

 第1部では、MBCウェザーセンター長を務める住吉氏をお招きし、クイズ形式での「自然災害」の説明や、1993年に起こった「8.6水害」の映像を通して、鹿児島特有の災害への理解を深めることができました。また、大雨時には、「大雨に関する警報」が5段階あり、どの時点で発令されるかなどについても丁寧にご説明いただきました。日本人でも理解が難しい点ですが、参加者からも多くの質問をいただき、今後の梅雨への備えに繋がりました。

 

 続いて、第2部では鹿児島市危機管理課職員をお招きし、台風・地震等への対応方法やハザードマップの活用方法などをご説明いただきました。その中で、地域の「防災訓練」への参加や事前の避難場所確認をはじめ、近隣住民の方々と常日頃からコミュニケーションをとっておくことの必要性をご説明いただいた上で、「safety tips」(多言語スマートフォンアプリ)や様々な防災アプリをご紹介いただきました。その後は、災害時通訳ボランティアにご協力いただき、ハザードマップを用いて各参加者の避難所確認作業を行い、自宅周辺がどのような場所にあるのかマップ上で確認することができ、今後の災害への意識を高める良い機会となりました。

 

 鹿児島はもうすぐ梅雨入りの時期となります。皆さんもハザートマップの確認や、防災アプリ等の登録を行い、防災への備えをしましょう!!

鹿児島市ホームページ 鹿児島市ホームページ |つながる人・まち 彩りあふれる 躍動都市・かごしま (kagoshima.lg.jp)

鹿児島市LINE公式アカウント 欲しい市役所の情報をあなたのそばに届けます~鹿児島市LINE公式アカウント|鹿児島市 (kagoshima.lg.jp)

安心ネットワーク119 安心ネットワーク119|鹿児島市 (kagoshima.lg.jp)

IMG_4189IMG_4210

IMG_4212IMG_4221

 

 

 

【イベントレポート】Fun & Games! ーみんなで一緒にあそぼうー

2022.05.17

 5月15日(日)、かごしま国際交流センターでは「Fun & Games!ーみんなで一緒に遊ぼうー」が開催されました!今回はセンターのある地域との連携を深めるイベントのひとつとして実施され、加治屋町あいご会の皆さん、外国籍の皆さんなど計21名にお集まりいただきました。

 

 今回は、”一緒に遊ぶことでの交流”をコンセプトに、時間を丸ごと使って参加者全員で遊ぶイベントを計画。これまでも国際交流センターでは子ども向けの事業をおこなってきましたが、このようにゲームを集めて遊ぶだけのイベントは初めてでした。また、今回のプログラムを実現するにあたって、国際交流センター居住施設に住む大学生メンバーにイベントのお手伝いをしてもらい、参加者の皆さんもお兄さんお姉さんと遊べて嬉しそうでした!

 

 イベントはまず「じゃんけん列車」からスタート。大学生ボランティアのアイデアで、日本語・英語・マレーシア語の3か国語でのじゃんけんにトライしました!始めの自己紹介タイムで少し緊張気味だった小さなお友達も、少しずつ打ち解け始めた様子でした!その後は、ジェスチャーゲームや新聞じゃんけん等でたっぷり90分遊びながら仲を深めました。

 

 アンケートでは、参加者の皆さんが思い出に残ったことを絵で表現してくれました。特にじゃんけん列車が人気だったようです!保護者の方々からも「ゲームで自然と交流が生まれて子どもが楽しそうだった」等のお声をいただき、参加者の皆さんが楽しんでくれたことが何よりでした。最後は、書き終わったアンケートと引き換えに、お菓子で作ったレイをプレゼント!国際交流センターでは、子供たちが交流できるイベントをこれからも開催していきますのでどうぞお楽しみに☆

 

 

※写真はクリックすると大きくなります。

 

 

【イベントレポート】維新ふるさと館訪問 ー加治屋町の皆さんと一緒にー

2022.05.10

 ゴールデンウィーク明けの5月8日(日)に、「維新ふるさと館訪問ー加治屋町の皆さんと一緒にー」が開催されました。加治屋町の町内会の皆さん、国際交流センター居住施設に住む外国人の皆さん、ほか鹿児島市に住む外国人留学生の皆さん、計25名の参加者が集まりました!

 

 今回のイベントでは、事前に振り分けたグループのメンバーで行動してもらい、国籍が違う参加者同士の交流を楽しんでもらいました。イベントは国際交流センター多目的ホールにてスタートし、イントロダクションではまず全体への参加者紹介、その後グループに分かれて自己紹介をしました。各グループのリーダー兼通訳スタッフが間に入りながら、早速会話をはずませていました!

 

 国際交流センターを出発すると、甲突川沿いの歴史ロード「維新ふるさとの道」を通って維新ふるさと館へ向かいました!天候にも恵まれ新緑を感じながら、参加者同士楽しそうに会話する姿が印象的でした。施設入館後はまず歴史解説員の先生から参加者全体へのイントロダクションがあり、その後、ドラマ「維新への道」を観覧。特に外国人参加者の皆さんは、更に施設への興味が湧いた様子でした。残りのイベント時間は施設の展示見学として、歴史解説員の先生の解説を聞いたり、維新ふるさと館の公式音声ガイダンスアプリを用いたりしながら、グループ毎に学びを深めました。また、日本人参加者の皆さんの中には地元の歴史に詳しく補足で説明をしてくださる方もおり、外国人参加者の皆さんと知識をシェアしながら交流する姿も!明治維新を支えた偉人の中には加治屋町出身者が多く、地域と関わりのある偉人が日本を変えてきたことに改めて驚いていた様子でした。

 

 今回の訪問イベントでは、特別に施設の歴史解説員の先生のご協力で展示物の説明・解説をしていただき、「個人で来る場合とでは違い、説明が分かりやすく充実していた。」等のお声をいただきました。また、外国人参加者からは「同じグループの日本人に質問ができて、いい交流になった。」とのお声もいただきました。今回のイベントは、かごしま国際交流センターのある加治屋町とその地域との連携を深める事業のひとつとして開催。これをきっかけに、地域コミュニティーとの繋がり、また更に地域への関心が深まると嬉しいです!

 

※写真はクリックすると大きくなります。

 

 

【イベントレポート】「英語と韓国語」で遊ぼう

2022.04.19

3歳から6歳のお子さんを対象に、「英語と韓国語で遊ぼう」を開催し、5家族14名にご参加いただきました。

鹿児島市のALTプレジャーさん(アメリカ出身)に"we are goin to hunt"(クマ狩りに行くお話し)を読み聞かせしていただきました。子どもたちも、プレジャーさんと一緒に冒険に出かける気分で、体を使った言葉遊びに参加してもらいました。
プレジャーさんは子供たちが興味を引くように、工夫を凝らして下さり、ただ座って英語絵本を読むのではなく、子どもたちと部屋中を歩き回り、体全体を使って英語を体感させてくれました。

日置市の国際交流員イム・アルムさんは韓国の民族衣装の「ハンボク」 チマ=スカート、チョゴリ=上着を着て、韓国の昔話「おひさまとお月さまになった兄弟」の読み聞かせをしてくださり、絵本に出てくるトラの声真似が上手で子どもたちも喜んでいました。
読み聞かせ後は、韓国語の挨拶・食べ物や文化の紹介を学び、7つのパズルを様々な形に組み合わせて動物や家を作って遊ぶ ちるぎょ・のり(ちるぎょ=7つのパズル・のり=遊び)を楽しみました。子どもたちは、少し難しく感じていたようでしたが、思い思いのパズルの組み合わせを楽しんでいました。

参加者の皆さんは、親子で英語と韓国語に触れる楽しい時間を過ごせたようです。

【イベントレポート】台湾文化体験講座~剪紙(切り絵)作り〜

2022.04.08

 台湾文化交流会in鹿児島の黄 敬蓉(コウ ケイヨウ)氏を講師に迎え、「台湾文化体験講座~剪紙(切り絵)作り〜」を開催し、20名の方々にご参加いただきました。
 剪紙(せんし)とは、春節(旧暦のお正月)など伝統的な行事の際に用いる切り絵細工のこと。文字や花、動物、干支などをモチーフにしたものをハサミで切り出して作られ、縁起物とされています。
 講座では、台湾の名物や日本との関係、民族紹介をはじめ、さまざまな剪紙をご紹介いただきました。そしていよいよ剪紙体験へ。まずは簡単なお金をモチーフにした剪紙から始まり、切ってはいけない部分を切ってしまい、作り直したり、次の工程を講師と確認しながら慎重に切ったりと、皆さん苦戦しながらも合計4種類の剪紙を完成させました!!
 参加者からは「体験することで、座学だけではなく、台湾に興味が出ました」とのご意見をいただき、この講座を通して台湾文化への理解を深めることができる良いきっかけとなったようです。

 

 今回ご協力いただいた【台湾文化交流会in鹿児島】は、鹿児島在住の台湾人が主体となり、故郷である台湾をより多くの方に知ってもらう為、台湾料理・文化講座・台湾華語教室など様々なイベントを企画し、幅広く活動している団体です。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね♪

台湾文化交流会 in 鹿児島 – ホーム | Facebook

 

IMG_3669IMG_3670

 

 

 

 

IMG_3697IMG_3699

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

【イベントレポート】日本語支援グループワーク(後期)

2022.04.08

 令和2年度から始まった日本語支援グループワーク。在住外国人と日本人サポーターが身近なテーマを基に一緒に作品を仕上げる過程において、日本語コミュニケーション能力を向上させると同時に、日本語のサポートを行う新しいスタイルの講座です。
有隣館代表の上迫氏、日本語教師の松本氏のコーディネートのもと、「音声ドラマ作り」をテーマに後期講座がスタート。講座では、在住外国人が考えたアイディアをストーリー化。そのストーリーを基に、登場人物のセリフを考え、脚本として作り上げました。その後は、役になりきってセリフを練習し、リハーサルを行い、本番では緊張しながらも一連の音声ドラマを録音し、2つの作品を完成させました。
全10回の講座を終え、在住外国人からはアクセントや抑揚が難しかったとの意見があり、普段の生活の中においても自然な日本語を話そうとする意識を持つ良い機会となり、以前と比べて日本語を話す自信がついたようです。

IMG_2664IMG_3218

 

 

 

 

IMG-5561IMG_3648

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【他団体情報】無料講演会「求む! 鹿児島を世界に発信する力」

2022.04.01

 「求む! 鹿児島を世界に発信する力」と題して、「無料講演会」を開催します。鹿児島には、鹿児島ワンダフルウォークという通訳ガイドの社団法人が あり、鹿児島の魅力を伝える通訳ガイドとして活動をし ながら、通訳ガイドの資質向上を目指しています。来鹿した海外からのお客様に、あなたも鹿児島の魅力を伝える通訳ガイドとして活躍してみませんか? 近い将来に見込めるインバウンド需要の回復を見越して、あなたの語学力を、今から通訳ガイドとしてのガイディングスキルとして高めて、収入が得られるまでにレベルアップさせていきましょう。通訳ガイドとしては高い語学力とガイディングスキルが求められますが、だれでもが初級者レベルからのスタートでした。この素晴らしい鹿児島のヒト・自然・歴史・文化を、海外に発信する楽しみをあなたも体験してみませんか?

日時:令和4年5月28日(土) 10:00~11:30
場所:宝山ホール 3F(第5会議室)
講師:ガイド歴30年のプロ通訳者 他
対象:通訳ガイドの資格をお持ちの方、興味がある方
定員:30名程度 ※超えたら先着順
参加料:無料
申込方法:メールにて、添付のQRコード(送信フォーム)からお申し込みください。
申込期限:令和4年5月14日(土)まで
詳細はチラシをご覧ください。

 

市国際交流課HP用_フライヤー_220330_page-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イベントレポート】新入外国人の歓迎交流会 ~ハーティーパーティー~

2022.03.31

開催日 3月20日(日) 参加者136名(うち外国人10か国53名)

11月上旬に開催予定だったハーティーパーティーでしたが、新型コロナの影響で延期となり、ようやくこの時期に行うことが出来ました。各国ブースや着物や民族衣装の試着、生け花や遊びなどの体験ブース、そしてダンスステップやバンブーダンスなどの体験ブース、そしてベトナムの伝統的な踊りによるパフォーマンスなど、新型コロナ感染予防に気をつけながらも大いに盛り上がった交流会となりました。

 終わった後の感想として、やはり人数を制限したことによる寂しさはあったが、でもその中でも開催したことに心からの感謝を寄せて下さる声が大きかったです。次年度は更なる盛り上がる会がきっと出来るはずなので、みなさんで楽しんで作っていきたいと思います。

 

 

IMG_3546IMG_3614IMG_3587IMG_3629

【イベントレポート】中国文化・語学講座(中級)

2022.03.24

 鹿児島市日中友好協会所属の陳 昱秀 氏(チン イクシュウ)を講師に迎え、「中国文化・語学講座(中級)」を開催し、各回8~14名の皆さんにご参加いただきました。  今回は中国語を習ったことのある方を対象に全8回の講座を行い、西安出身の講師ならではの中国文化紹介をはじめ、ほぼ全ての講座を中国語で進めました。参加者の皆さんは、四苦八苦しながらも、授業に集中し、次第に中国語のみの講座にも慣れ、中国文化そして中国語への理解を深めることができたようです。ぜひ今後も中国語の勉強を続けていきましょう!  鹿児島市国際交流センターでは、英中韓の文化語学講座を毎年開催しております。語学学習をはじめ、様々な文化紹介を通して国際理解を深めることができますので、来年度もお楽しみに♪

IMG_2301       IMG_2938

 

1 / 512345

鹿児島市国際交流センター

  • 休館日  月曜日
    (祝日の場合 翌平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
  • 開館時間  9:00~21:00
    (日曜・祝日は17:00まで)
  • 駐車場  乗用車14台
  • 交 通
    市電甲東中学校前電停からすぐ
    甲東中学校前バス停からすぐ

鹿児島市国際交流センター情報

  • (公財)鹿児島市国際交流財団
  • 鹿児島市民交流財団 フェイスブック
  • アジアん鹿児島
  • 鹿児島市
  • 鹿児島市 市民便利帳
  • 鹿児島県国際交流センター
  • CLAIR 多言語生活情報

  • 〒892-0846
    鹿児島市加治屋町19番18号
    TEL (099)226-5931
    FAX (099)239-9258
  • 19-18 kajiya-cho kagoshima
    892-0846 Japan
    TEL (81) 99-226-5931
    FAX (81) 99-239-9258

Copyright (C) 鹿児島市国際交流センター All Rights Reserved.