文字サイズ変更

イベントレポート・他団体情報

【イベントレポート】世界の台所⑤中国

2022.10.10

 外国の台所を訪ねるように、いろいろな国の料理と文化習慣等を学ぶ料理講座=世界の台所。
 今回の講師は、中国山西省出身の王 文君(オウ ブンクン)さん。

 山西省は麺料理のふるさとと呼ばれていて、200種類を超える麺料理があるそうです。

 厳しい残暑を乗り切るために、王さんが参加者に紹介した「ゴマだれのまぜ麺」と「ひつじのクミン炒め」。調理工程は難しくなかったのですが、たくさんの調味料が使われたことに皆さんは驚いていました。王さん曰く、これが中華料理の特徴とのこと。また、麺を含めたほとんどの食材について日本のものではなく、中国の物を使用しましたので、本場の味を楽しむことができました。
 王さんは、鹿児島の皆さんに、本場の味で中華料理を作って欲しいという願いから、中華食材・調味料を売るお店を経営されています。

 参加者からは、「家では普段食べられない味でとても美味しかった」「王さんのお店に行って、今日使った調味料を購入したい」等の声が挙げられました。

 今回、王さんから教えていただいたレシピ
ゴマだれのまぜ麺 レシピ-ひつじのクミン炒め

 是非、皆さんもご家庭で作ってみてください。

【イベントレポート】シンガポール文化講座

2022.10.09

 市民の皆さんに、アジア諸国への理解を深めていただくために開催しているネクストアジア。
 今年度の第2弾は、鹿児島県ASEANディレクターを務めるシンガポール出身のシューユェンシャオ・ケナードさんを迎え、「よくわかる!シンガポールの今~現地からのレポート」と題しZOOMを活用して講座を開催しました。

 講座の前半では、シンガポールの建国歴史に始まり、同国のニか国語教育政策や公営住宅建設計画、多民族・多文化社会についてお話しいただきました。

 シンガポールの民族構成は、中華系・マレー系、インド系、その他となっていますが、1つの地域に一定の民族、言語が偏らないよう公営住宅住居者の比率が国民全体の民族比率と同程度となるように決められているそうです。

   後半は、鹿児島県ASEANディレクターとして、コロナ禍においてもシンガポールや東南アジアへ鹿児島の魅力を発信し続けるケナードさんの仕事内容について発表いただきました。シンガポール在住の方々と鹿児島をZOOMで繋ぎ、鹿児島バーチャルツアーを実施したり、鹿児島産食材の弁当宅配を始められたりと、コロナに負けず、鹿児島愛を持ってお仕事をされるケナードさんの姿に、多くの参加者から感謝の意が伝えられました。

 

【他団体情報】令和4年度全羅北道文化紹介講座「韓紙の花つくりと映える写真」

2022.10.07

(公財)鹿児島県国際交流協会では、全羅北道国際交流センターの協力を得て、交互に本県や全羅北道の文化・歴史や自然に関する講座を開催します。 

〇主催 公益財団法人鹿児島県国際交流協会★R4全羅北道文化紹介講座チラシ(小中学生対象)

〇日時 令和4年10月29日(土曜日) 韓紙の花つくりと映える写真

〇場所 かごしま県民交流センター1階 レクチャースペース

〇対象者 ・小中学生と保護者 ・高校生以上

〇定員 各項目30人程度 ※申込者が定員を超えた場合は先着順とします。

〇参加費 無料

 

 

〇申込締切 令和4年10月19日(水曜日)

〇サイトリンク先 令和4年度全羅北道文化紹介講座参加者募集! | 公益財団法人鹿児島県国際交流協会 KIA(KAGOSHIMA INTERNATIONAL ASSOCIATION) (kiaweb.or.jp) ※ハングルハンコ作りは定員に達しましたので、募集は行っておりません

〇問い合わせ・申込先 公益財団法人鹿児島県国際交流協会(担当:大井)

           電話:099-221-6620 FAX:099-221-6643 メール:kia11@kiaweb.or.jp

【他団体情報】中村文昭氏による親子のための講演会~でっかい子育て、世界に育て~

2022.09.06

10.20 iBS講演会

全国を行脚する講演家・中村文昭氏の子育ての経験談を通して、若い世代の方々に”海外留学”という進路選択を提案する目的で、講演会を開催します。

 

■主催 iBS外語学院

■日時 令和4年10月20日(木) 18:30~20:30 (開場:18:00)

■場所 かごしま国際交流センター 1階 多目的ホール

■対象 小学生以上 ※未就学児のお子様の入場不可

■定員 70名

■参加費 500円 ※事前予約の上、入場券の購入が必要

■事業詳細 https://www.ibs-gaigo.com/news/2022/94983/

■申込締切 定員になり次第、予約受付終了

■主催団体についてのサイト https://www.ibs-gaigo.com/

■お問合せ・お申込み iBS外語学院 電話:099-225-1311 メール:ibs@ibs-gaigo.com

 

【イベントレポート】夏休み!アートワークショップ

2022.08.26

 8月25日(木)に「夏休み!アートワークショップ」が開催され、外国籍を含む11名のお子さまにご参加いただきました!講師にウクライナ出身のルドルフ・ヴィクトリア先生をお招きし、通訳の郡山虹夏さんと一緒に絵のクラスを実施していただきました。

 

 初めに出身国についてのプレゼンテーションを行い、そしてお待ちかねの絵の時間!まず前半は、個人で好きな動物や景色を描いて、切り抜く作業をしました。ヴィクトリア先生に描き方を教えてもらいながら、集中して絵に向き合う姿がとても印象的でした。後半は、切り抜いた作品をグループ毎に大きな用紙に貼り付けて、メンバー全員で背景を描き足して大きな作品を作り上げました。できた作品は、センター1階の交流ラウンジに展示し、センター利用者の皆さまにも見ていただきました!

 

 講師のヴィクトリア先生は、ただデッサンをするだけではなく、皆で共に絵を楽しむことを普段のご自身の授業でも大切にされているそうです。今回は、久しぶりの対面クラスで皆と楽しい時間を過ごすことができた、と先生も嬉しそうでした!今後も国際交流センターではお子さま向けのイベントも開催していきますので、ぜひお楽しみに♪

 

※写真はクリックすると大きくなります。

 

【イベントレポート】自由研究応援!元JICA海外協力隊員のお話しを聞いてモルディブ新聞を作ろう!

2022.08.25

小学校4年生~6年生の皆さんへ国際協力を身近に感じてもらうことを目的に、JICA海外協力隊員として、モルディブで体育教師をされていたJICAデスク鹿児島の仮屋氏を講師に迎え、JICAの活動やモルディブについて学ぶイベントを開催しました。

 国際協力=他の国のお手伝いをすること。仮屋氏は、こんな表現で子どもたちにわかりやすくJICAが行っている支援活動について教えてくれました。
JICAについて学んだ後は、モルディブについてクイズ形式で学んだり、モルディブで話されているディベヒ語での挨拶を練習したり、モルディブの文字「ターナ文字」を読むことに挑戦しました。
子どもたちは、お祈りの時間を知らせる音楽が1日5回流れること、カレーを毎日食べること、世界で一番魚を食べる国と言われていることに、驚いていました。

 また、在モルディブ日本国大使館専門調査員の大田氏とZOOM交流を行う機会もいただき、職場から見える素敵な青い海を見せていただいたり、子どもたちからの質問に答えていただきました。

こんな機会はめったにないと、目をキラキラ輝かせながら、子どもたちは「モルディブのどんな所が好きですか?」「モルディブの学校のクラスは何人ですか?」等たくさんの質問をしていました。

モルディブのことをたくさん学んだ一日。帰宅後、早速モルディブ新聞の作成に取り掛かって自由研究を仕上げたご姉妹や学んだことを冊子にまとめて学校に提出したお子さんもいました。

夏休みの良い思い出になったのではないでしょうか。

【イベントレポート】マレーシア文化講座~日本人が住みたい国No1マレーシアの魅力とは~

2022.08.12

 アジアに目を向け、交流を進めていくことを目的に、マレーシアからの留学生ナジフさんと日置市国際交流員アイダさんを講師に迎え、マレーシア文化講座~日本人が住みたい国No1マレーシアの魅力とは~を開催しました。

 ナジフさんが、5年前に鹿児島に留学生として住み始めた当初は、周囲から「シンガポールやタイはわかるけど、マレーシアってどこ?何があるの?」と聞かれていたため、一般財団法人ロングステイ財団が調査を行った「日本人が長期滞在したい国No1」に自分の国が14年連続選ばれていることに、驚いたそうです。第一部ではそんなナジフさんが自分自身の視点で参加者の皆さんにマレーシアの魅力を伝えてくださいました。
 物価が安いこと、日本のスーパーや外食産業の充実、気候が夏で安定していること、地理的に見て、地震や台風も起こらないこと、更には、長期滞在ビザも可能ということで、参加者の皆さんは、住みやすい理由を改めて認識していました。

 第二部では、ナジフさん、アイダさんとの交流タイム。
 今回の参加者の皆さんは、小学生のお子さん連れのご家族が多かったのですが、お二人のフレンドリーな人柄が伝わり、思い思いに色んな質問をして交流を深めていました。

 最後に、ナジフさんから「マレーシアは、多民族国家であり、宗教はイスラム教、仏教、キリスト教、ヒンドゥ教と人それぞれ。だからこそ、違いを認め合えることで、優しい国になれている。是非マレーシアを訪れて体感してみてください」と交流会を閉じました。

  

【イベントレポート】留学キャラバン in 鹿児島

2022.08.02

 7月31日(日)NPO法人留学フェローシップと鹿児島外語学院と共に「留学キャラバン in 鹿児島」を開催し、学生やその保護者の方を含む17名の皆さまにご参加いただきました!「留学キャラバン」とはNPO法人留学フェローシップが持つ事業のひとつで、海外大学で学ぶ日本人大学生のチームが日本全国をまわり、海外大学進学の選択肢をベースに「自分らしい進路選択」を促すための様々なワークショップ等をおこなっています。鹿児島会場での開催は4度目で、今年は待望の対面式での開催となりました。

 

 はじめに、オープニングとしてGo!Kagoshima代表の門田晶子氏と鹿児島外語学院の手嶋州平氏に、海外での就労経験をテーマにトークセッションをしていただきました。留学の先に何が待っているのか、学びの先にある将来にワクワクしてもらいたい、と企画したオープニング。参加者の方々は、早速真剣に耳を傾けていました!その後は、留学キャラバン隊が進路選択のためのカリキュラムを実施。各メンターの通う大学紹介をはじめ、マインドマップやマンダラチャートを用いたワークショップ、ラジオの公開収録のような形でおこなうQ&Aセッション等、内容の濃いプログラムを準備してくれました。また別テーブルでは、留学費用等保護者の方々が気になる内容についてメンターが対応し、ご家族の皆さまにも理解を深めていただきました。

 

 アンケートでは、「メンターと実際に対話してワクワクできた」「考えを可視化することで自身が何を学びたいのか改めて考えることが出来た」等のお声をいただきました。今回は現役留学生だからこそ分かる留学の現実や厳しさを伝える場面もありましたが、やはり何にも代えがたい特別な経験であること、そしてそれが身近に選択肢としてあり皆に希望があることを知ってもらいたいそうです。今回のイベントが、参加者の皆さまにとって実りあるものになったようで嬉しく思っています!

 

※写真はクリックすると大きくなります。

 

【イベントレポート】Let’s make Tanabata decorations!~七夕飾りを作ろう!~

2022.07.27

アルスクール俳画講師長沼先生をお招きして、墨絵と染紙で作る七夕飾りづくりを実施しました!

鹿児島国際大学のマクマレイゼミ生4名にも協力いただき、七夕の歴史についてプレゼンしていただいたり、

長沼先生と一緒に俳画(墨絵)の描き方を教わったりなど、日本文化に触れながら、楽しく七夕飾りができました。

作った七夕飾りは、参加者みんなで笹に括り付けて飾りつけをしました。

「今まで経験したことのない日本文化を体験できた」「七夕の歴史について深く知ることができた」など、

参加者に七夕について深く知ってもらう良い体験になったと思います。

 

IMG_4707IMG_4773

 

 

 

 

 

      ●七夕のプレゼン                          ●俳画(墨絵)を学ぶ参加者  

 

 

      

IMG_4794IMG_4797

 

 

 

 

 

      ●染紙で作った作品                             ●記念撮影

 

 

 

 

 

【他団体情報】第22回霧島プロジェクト

2022.07.27

第22回霧島プロジェクト_page-0001

2000年夏から一貫して新しい教育手法の学びを中心に教育支援セミナーを開催してきた霧島プロジェクト。原口泉氏(志學館大学教授)の基調講演を初めとして、詩のワークショップ、各種講演を開催。また、今年は新たに14名のシンポジストを招聘して教育の面白さを語っていただき参加者の皆様との意見交換と知的共有を図り愉しい時間を体験します。

 

■イベントタイトル 「第22回霧島プロジェクト」

■主催 霧島プロジェクト実行委員会(主催団体Facebookページ)(インスタグラム:kirishimaproject

■日時 8月13日(土)9:30~16:40、14日(日)9:30~14:40
           ※チラシ内の開催時間から上記時間へ変更がありました。ご了承ください。

■場所 かごしま国際交流センター 多目的ホール

■対象 教育やコミュニケーションに関心のある人、小中高の教員

■定員 70人

■参加料 1,000円/1日、中高生無料

■テーマ 日本の教育のココが面白い(突っ込みどころ満載のテーマですが、教育をポジティブに採り上げたい)

■内容 講演、参加型シンポジウム、外国とのオンライン中継等
    ※1日目と2日目で内容が異なります。詳しくは、主催団体ページをご覧ください。

■お申込み
参加申込みフォームに入力、または、①名前②所属③住所と電話番号を添えてメールかお電話にてお申し込みください。

■お申込み締切 8月12日(金)

■お問合せ 
霧島プロジェクト事務局 梶原さん 090-1346-3090 suehirokajihara@gmail.com

 

鹿児島市国際交流センター

  • 休館日  月曜日
    (祝日の場合 翌平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
  • 開館時間  9:00~21:00
    (日曜・祝日は17:00まで)
  • 駐車場  乗用車14台
  • 交 通
    市電甲東中学校前電停からすぐ
    甲東中学校前バス停からすぐ

鹿児島市国際交流センター情報

  • (公財)鹿児島市国際交流財団
  • 鹿児島市民交流財団 フェイスブック
  • アジアん鹿児島
  • 鹿児島市
  • 鹿児島市 市民便利帳
  • 鹿児島県国際交流センター
  • CLAIR 多言語生活情報

  • 〒892-0846
    鹿児島市加治屋町19番18号
    TEL (099)226-5931
    FAX (099)239-9258
  • 19-18 kajiya-cho kagoshima
    892-0846 Japan
    TEL (81) 99-226-5931
    FAX (81) 99-239-9258

Copyright (C) 鹿児島市国際交流センター All Rights Reserved.