文字サイズ変更

イベントレポート・他団体情報

【イベントレポート】七夕交流会~マレー語であそぼう~

2021.07.20

 7月10日(土)、「七夕交流会~マレー語であそぼう~」を行いました!7家族にご参加いただき、10名のお子さんが集まってくれました。

 今回は、かごしま国際交流センター居住施設にお住まいで、マレーシア出身のザルさんを講師にお迎えしました。2歳~7歳の4人のお子さんがいらっしゃる、とてもにぎやかでフレンドリーなザルさんファミリー。当日は、パパとママと一緒に子ども達もかわいらしい民族衣装に身を包み、イベントを盛り上げてくれました。

 前半は、ザルさんによるマレーシアについての文化紹介プレゼンテーションを行いました。国旗やアニメに関するクイズや、国の紹介動画、マレー語の紹介など盛りだくさんの内容で、子ども達も楽しそうにマレー語の発音を真似したりしていました。次は、奥様アイシャさんによるマレーシアの伝統的な物語の読み聞かせ。マレー語で聴く物語は雰囲気たっぷりで、日本とは違ったムードを味わうことができました!

 後半は、平山えい子さんを講師にお招きし、日本の七夕の文化紹介、七夕に関する紙芝居の読み聞かせ、七夕飾りの工作を行いました。七夕飾りや短冊の色に込められた意味を学んだ子ども達は、パパやママと一緒に思い思いに自分の好きな飾りを作っていました♪

 最後に願いを込めながら竹に飾り付けをし、イベントは終了しました☆彡

 鹿児島市国際交流センターの交流ラウンジには、今回のイベントで子ども達が作った七夕飾りや、さまざまな言語で書かれた短冊でいっぱいの竹が飾られています。ぜひ、興味のある方はお越しください♪

【イベントレポート】インターナショナルカレッジ

2021.06.25

 毎年恒例の、外国語で異文化を学ぶインターナショナルカレッジ。今年の第一回目は、個性豊かな4つの英語の講義を開講しました!鹿児島外語学院SGG、鹿児島iBS国際懇話会の協力をいただき、41名の方が参加してくださいました。

 1時間目は、「Introduction to Parliamentary Debate/パーラメンタリーディベート入門(講師:森年 エマ 日向子氏)」と「アメリカ映画・日本映画~双方への影響とは?~(講師:ペリー ポラード氏)」。ディベートのクラスでは、エマ先生のレクチャーのもと、様々な年代の皆さんがハキハキと英語で発言する姿が見られました。ペリー先生のクラスでは、"映画という文化を通して、アメリカと日本が影響し合うことで、新しいものが生み出されていることを知った""とても興味ある分野のレクチャーだった"といった感想をいただきました!

 2時間目は、「Sustainable Development Goals(SDGs)(講師:ミシェル松永氏)」と、「日本人が知らないブルガリア(講師:ニコライ ギュレメドウ氏)」。ミシェル先生のクラスでは、今話題のSDGsというテーマを英語で学びました。先生が実践している例や動画を織り交ぜながら分かりやすく説明していただき、SDGsに対する海外の反応も知ることができました。ブルガリア出身のニコライ先生のクラスは、楽しいクイズやきれいな写真がたっぷり。皆さん、とても盛り上がっていました!

 今回は英語を使って、異文化を学ぶイベントでしたが、当財団では今後、中国語や韓国語の語学文化講座も開催予定です。外国語を学ぶということは、その言語を通して異文化を学ぶことにつながると思います!あなたもぜひ、外国語を学ぶことをきっかけにして、国際理解を深めてみませんか?

【他団体情報】鹿児島県国際交流協会(かごしまけんこくさいこうりゅうきょうかい)主催(しゅさい): 日本語(にほんご)サロンおしゃべりひろば

2021.06.25

鹿児島県内(かごしまけんない)に住(す)む在住外国人(ざいじゅうがいこくじん)の方(かた)を対象(たいしょう)に、様々(さまざま)なゲストを呼(よ)んで、日本語(にほんご)でのフリートーキングを行(おこな)います。
今回(こんかい)のテーマは、Covid-19などの感染症(かんせんしょう)で、保健師(ほけんし)の方をお呼(よ)びします。
くわしくは、こちらチラシ

申込(もうしこ)みや質問(しつもん)は、鹿児島県国際交流協会(かごしまけんこくさいこうりゅうきょうかい)へしてください。
Tel:099-221-6620 E-mail:kia8@kiaweb.or.jp

【イベントレポート】ゆかた・いけばな教室/YUKATA&IKEBANA ~Japanese Culture Experience~

2021.06.08

 平年より早く梅雨入りした5月、かごしま国際交流センターには、憂鬱な気分もカラッと晴れるような色とりどりのお花が飾られました!

 お花は、「ゆかた・いけばな教室/YUKATA&IKEBANA ~Japanese Culture Experience~」で生けられたもの。ガラスの器とシルバーのワイヤーで作られた土台に生けられたお花はとても涼しげで、和の心を感じられました。

 そんな日本の心を、外国人の方にも感じてもらうことが目的の今回のイベント。生け花と、夏の風物詩である浴衣を体験していただきました。生け花の講師には川邉佳乃先生をお迎えし、浴衣の着付けには鹿児島県理容美容専門学校の方々のご協力をいただきました。

 まずは好みの浴衣と帯を選んでもらい、着付けを行いました。みなさんが浴衣姿になると場もパッと華やかになり、ますます雰囲気が盛り上がりました。そして生け花体験。川邉先生より、生け花についてのレクチャーを受けた後、実際にお花を生けていきます。ひとつひとつの花と向き合いながら、高さ・向きを工夫して生けていく作業は、とても楽しそうでした。その後、先生がひとりひとりの作品を見て、作品への思いを聞き取り、アクセントを加えて完成となりました。

 参加者の方々からは、「美の価値観を知ることができた」「授業と普段の生活だけでは知ることができないことを学んだ」「浴衣を着れて嬉しかった」といった声をいただきました!今回のイベントが、みなさんの日本の夏の思い出の一つになればと思います。

 

【他団体情報】国際協力講座③協力隊OBと語ろう!~セネガル編~

2021.06.06

 JICAデスク鹿児島では、開発途上国での活動を終えた協力隊OBに、派遣国や活動のあれこれについて、お話を伺う国際協力講座を開催します。

 第3回目の開催は、セネガル編!講師にJICA海外協力隊としてセネガルに派遣されていた羽生志穂氏をお招きし、隊員時代の活動をはじめ、セネガル文化や、セネガルあるある話等について語ってもらいます。参加者の皆さんと一緒に「語る」時間も設けてあります。この機会に、ぜひセネガルや国際協力について語りませんか?皆さんのご参加をお待ちしております!

日時:令和3年6月26日(土) 14:00~15:30

場所:オンライン(Zoom)

対象:高校生~大学生

参加費:無料

国際協力講座③_page-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【他団体情報】JICA海外協力隊パネル展~世界もあなたも、可能性に満ちている~

2021.06.06

 現在、JICAデスク鹿児島ではJICA海外協力隊2021年度春募集が行われており、それに合わせて、開発途上国で活動してきた隊員の写真展『JICA海外協力隊パネル展~世界もあなたも、可能性に満ちている~』を開催中です。現地の人々との関りや、その国ならではの文化など、隊員たちが見てきた❝世界❞を皆さんものぞいてみませんか?

日時:令和3年6月1日(火)~6月13日(日)

場所:かごしま国際交流センター 1階

参加費:無料

パネル展チラシ_page-0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【イベントリポート】日本語支援(プロジェクトワーク)

2021.05.15

 今まで行ってきたマンツーマンによる在住外国人の日本語支援を拡充し、令和2年度1月~3月かけて、日本人と在住外国人のグループによる日本語支援『プロジェクトワーク』を実施しました。

 有隣館代表の上迫氏、日本語教師の安田氏のコーディネートのもと、「異文化を知ろう!」をテーマに、全10回の講座がスタート。授業では、各参加者の異文化体験で驚いたことやどうしてだろう?と思った体験を共有し、その内容を台本として作り上げました。その過程で、日本人の参加者は、どのような日本語を普段使うのか、どのように台本を作りあげればより分かりやすいかなど、在住外国人の手助けをしながら、日本語支援を行いました。台本完成後は、実際に各参加者が台本の登場人物となり、演技やナレーションを担当し、動画を撮影。動画に必要な小物を考え準備したり、動画にしづらい台本は絵を描いて撮影したりなど、参加者の皆さんは試行錯誤しながら作品を完成させることができました。最終回の授業では、完成した作品を皆さんで鑑賞し、全10回を通して異文化への理解、及び日本語・日本語支援への理解を深めることのできるものとなりました。

DSC08560DSC08505

 

 

 

 

 

 

 

 

クイズ形式の作品が前編後編合わせて10個あります。ぜひクイズに挑戦してみてくださいね!

動画はこちら☞日本語支援(プロジェクトワーク)作品~前編~ – YouTube                                              

       日本語支援(プロジェクトワーク)作品~後編~ – YouTube

【開催レポート】世界の台所(第1回 日本)~春野菜を使った日本料理(ハラール・ベジタリアン対応)~

2021.05.07

2021.0.25 gk_1

【開催レポート】世界の台所(第1回 日本)~春野菜を使った日本料理(ハラール・ベジタリアン対応)~

世界各国の家庭の台所を訪ねるように体験する「世界の台所」
第1回目は外国人住民の皆様に日本の台所を体験していただきました。

◆日 時:2021年4月25日(日)10:30~13:30
◆場 所:かごしま国際交流センター(加治屋町 19-18)
◆参加者:鹿児島在住の外国人住民9名

◆内 容:白米の美味しい炊き方、
     日本の出汁文化等紹介
     春野菜を使った日本家庭料理作り
     
*「菜の花と筍の胡麻和え」
     *「茄子と南瓜と豆腐の味噌炒め」
     *「筍・豆腐・こんにゃく・白ネギの昆布出汁 味噌汁」

Global Kitchen  Vol 1 JAPAN; Japanese cuisine using spring vegetables

◆Date and time: 10:30 a.m. to 1:30 p.m. on Sunday, April 25, 2021
◆Place: International Friendship Center Kagoshima
◆Participants 9 (Foreigners living in Kagoshima)
◆Contents
The "Global Kitchen" class is an opportunity to experience food prepared in home kitchens from around the world. 
For the first time this year, "Global Kitchen Vol 1 JAPAN" we learned how to make 3 kinds of Japanese cuisine using spring vegetables, how to make Japanese soup stock, and how to cook delicious white rice. (Please see the photo)
◆Rape blossom dressed with bamboo shoot, sesame
◆Stir-fried eggplant, pumpkin and tofu with barley miso.
◆Miso soup made from kelp soup stock with Bamboo shoots, tofu, konjac, and Japanese Naganegi onions

gk1_agk1_b

【イベントレポート】外国人住民のための相談会事業(全2回)

2021.03.24

DSC07919【イベントレポート】外国人住民のための相談会事業(全2回)

第1回 外国人住民のための一日無料相談会&研修会
【日時】2020年11月8日(日) 10:00~16:30
【場所】かごしま国際交流センター 多目的ホールほか
【内容】外国人住民を対象とした相談会と雇用に関する研修会
           ■研修会 ※日本語で実施(通訳なし)
              
   ①鹿児島市で仕事を探すには(ハローワーク)
                  
②日本で働くための法律(九州アジアグローカルサポート)
            ③日本での就職活動時のマナー(九州アジアグローカルサポート)
                ・服装や言葉遣い(尊敬語・謙譲語)
                ・履歴書、エントリーシートの書き方 
                ・面接について
              ④【個別指導】履歴書・エントリーシートの書き方や面接について指導
           
            ■相談会(事前予約+当日飛び込み)

【参加者】*研修会 5カ国  9名
               *相談会 9カ国10名
【相談員】ハローワーク、弁護士(県弁護士会)、行政書士、(一社)九州アジアグローカルサポート
【通 訳】3名(英語、中国語、ベトナム語)

【参加者 アンケート回答】
[Question1] Did you get the answer you wanted?
Definately yes. To be honest it was beyond my expectation. It is 100% satisfaction for me. 本当に ども ありがとうございます。Because I could ask everything I wanted to ask, and got the answer of what should I do. It is very helpfull for me. Even I got more information and help(support) more than I expected,especially from Mrs. M. Thank you for participating in the consultation on Sunday.

 

第2回 外国人住民のための一日無料相談会&研修・懇談会syashinDSC08552

【日時】2021年2月14日(日) 10:00~14:00
【場所】かごしま国際交流センター 研修室1
【内容】外国人住民を対象とした子育てに関する相談会と研修・懇談会
    ■研修会(研修室1)日本語で実施(英語通訳あり)
     ①鹿児島市で出産・子育てをする人への行政サービスについて
                (講師:市母子保健課・保健師)
     ②鹿児島市の保育所・幼稚園等についてー概要・手続き等ー
                (講師:市保育幼稚園課)
     ③鹿児島市の小学校(概要・手続等)及び名山小学校日本語教室について
                (講師:市教育委員会学校教育課・学務課学事係)
     ④質疑応答
     ⑤個別相談

    ■先輩パパ・ママとの懇談会
     鹿児島市で子育て経験のある外国人パパ・ママとの懇談会

【参加者】3カ国8名

【参加者のアンケート回答
★Aさん
 Q. How did you feel about today’s event?
 A. Very satisfied とても満足
       My impression of yesterday's event is so good. I got all the information that I want to know especially on nursery topics and vaccines.  I got new friends from  (country) and (country). It is so great. 
       The organizing committee is so helpful. I feel so happy with that program. 
       昨日のイベントの印象はとても良かったです。特に保育園のトピックやワクチンについては知りたい情報がすべて入手できました。
   (国名)と(国名)出身の新しい友達ができました。それはとても素晴らしいことです。
       運営団体(市職員・通訳・財団)の皆様はとてもよく手助けをして下さいました。今回のイベントにとても満足しています。

★Bさん
   Q. How did you feel about today’s event?
   A. Very satisfied とても満足
       I got a lot of information from this event-related to the raising child in Kagoshima. This is very important information that can guide us to raise our children in Kagoshima. 
      今回のイベントで、鹿児島での子育てに関する多くの情報を入手することができました。
        これは、鹿児島で子供を育てる私たちを正しく導いてくれるとても重要な情報です。

★Cさん
   Q. How did you feel about today’s event?
       Very satisfied とても満足
       It was very helpful to know the detailed procedure and information regarding to raise a child in Kagoshima city.
       I would like to share what I have learnt with younger moms.
       It was good that an interpreter was with us. Discussion was so fruitful.
       鹿児島市で子育てをするための詳しい手続きや情報を知ることはとても役に立ちました。
         私が学んだことを他の若いお母さん達に共有したいと思います。通訳が一緒にいて良かったです。議論はとても実り多いものでした。

★Dさん
    お世話になりました。アットホームな雰囲気で、かつ勉強になりました。
    子育て奮闘中の同国出身のママ・パパに、いただいた情報をシェアさせていただきます。

【イベントレポート】災害時の外国人対応セミナー ― 必要な人の手に必要な情報を届けるために ―

2021.03.24

田村氏写真【イベントレポート】災害時の外国人対応セミナー ― 必要な人の手に必要な情報を届けるために ―
災害時における在住外国人の避難行動を支援する環境整備の一環として、外国人住民への確実な情報伝達を可能にするためのネットワーク作り・ルート作りを考えることを目的に、専門家を講師としたワークショップ型のセミナーを行いました。 コロナの影響で講師が来鹿できず、ZOOMによる開催となりましたが、外国人住民、行政関係者などの参加者54名の皆さんには、多文化共生社会の一員として自分達でできる情報伝達行動や今後やれることなどを考える機会にしていただきました。

【日時】令和2年12月20日(日)13:00-16:30
【場所】かごしま国際交流センター 多目的ホール
【内容】ZOOMを使ったオンラインでの講演とワークショップ
    講師・ファシリテーター:田村太郎 氏(一般財団法人ダイバーシティ研究所代表理事) 
    
⑴ 講 話「災害時対応と外国人支援のポイント」
■災害のときの外国人支援
  *災害時に外国人からよく聞かれる悩み
  *多言語化の「3つの効果」について 他
■必要な人の手に必要な情報を届けるために
      *災害時における外国人への情報提供について
■まとめ
      *災害時の外国人対応と情報提供の留意点

⑵ グループワーク「必要な人に必要な情報を届けるために」
属性の異なる参加者で構成された6人前後のグループを作る(計7グループ)
■ディスカッション
Mission
鹿児島に巨大台風が襲来し、48時間後までに全ての市民が安全な場所に避難を完了させることになった。
外国人も確実に避難が完了できるよう下記①〜③についてセグメント(注1)別に考える。
① コンテンツ:どんな情報を提供すればよいか
② メディア:どんな媒体(チラシ・メール・ウエブサイト・放送など)で提供するか
③ フィードバック:情報が届いたことをどのように確認するか

■グループで話し合った内容を所定の紙にセグメント別にまとめる
■発 表
■質疑応答とまとめ

注1)ここでの「セグメント」とは、外国人のうち出身や在留資格、居住地域、所属するコミュニティなどで 区分した「情報提供の対象となるグループ」のこと。セグメントの例「水産加工で働くベトナム人技能実習生」、「山間に散在するフィリピン出身の日本人の配偶者」

【参加者の感想(アンケートより)】
*自分が関わっている外国人コミュニティ以外のコミュニティについて情報交換ができたり、「情報提供」という一方向の見方だけではなくそこに求められる安心感だったり本当に求められているものを外国人の立場から考えたことで、違う視点を持つことができました。

鹿児島市国際交流センター

  • 休館日  月曜日
    (祝日の場合 翌平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
  • 開館時間  9:00~21:00
    (日曜・祝日は17:00まで)
  • 駐車場  乗用車14台
  • 交 通
    市電甲東中学校前電停からすぐ
    甲東中学校前バス停からすぐ

鹿児島市国際交流センター情報

  • (公財)鹿児島市国際交流財団
  • 鹿児島市民交流財団 フェイスブック
  • アジアん鹿児島
  • 鹿児島市
  • 鹿児島市 市民便利帳
  • 鹿児島県国際交流センター
  • CLAIR 多言語生活情報

  • 〒892-0846
    鹿児島市加治屋町19番18号
    TEL (099)226-5931
    FAX (099)239-9258
  • 19-18 kajiya-cho kagoshima
    892-0846 Japan
    TEL (81) 99-226-5931
    FAX (81) 99-239-9258

Copyright (C) 鹿児島市国際交流センター All Rights Reserved.