文字サイズ変更

イベントレポート・他団体情報

【イベントレポート】在住外国人未来デザインミーティング

2021.03.23

 3月13日(土)鹿児島市の次期総合計画の策定に向け、市主催の「在住外国人未来デザインミーティング」が行われました。13ヶ国もの国籍の人々が35名集まり、活発な議論が交わされました。

 まず、鹿児島市政策企画課より総合計画や基本構想の概要について説明がありました。現在、策定に取り組んでいるのは第六次鹿児島市総合計画で、令和4年度(2022年度)にスタートします。その計画に市民の意見を反映させるため、様々な意見交換会や会議を行っており、今回の「在住外国人未来デザインミーティング」もその一つです。在住外国人の方々に、市の総合計画の取り組みについて理解を深め、意見を出していただくことが目的です。

 ①留学生②働いている方③子育て中の方や退職者の方の3グループに分かれて、NPO法人若者・留学生サポートステーション響のファシリテートのもと、意見交換を行いました。「多言語での就職支援が必要」「交通アプリの英語版があればいい」「学校からのお知らせがわかりにくい」等、様々な意見が飛び交い、鹿児島市の目指す地域産業の活性化や、交通環境の充実、平等な教育環境を実現するためには、在住外国人への配慮が不可欠ということが分かりました。最後に、参加者全員にパブリックコメントを提出していただき、イベントは終了しました。

 今回のイベントを一つのきっかけとして、在住外国人の方々が市民の一員として、より一層生き生きと暮らせる鹿児島市になればと思います!

【イベントレポート】インターナショナルカレッジ(全2回)

2021.03.23

【イベントレポート】インターナショナルカレッジ(全2回)2020.08.23 foto de hp

インターナショナルカレッジ(第1回)
【日時】2020年8月23日(日)10:00~12:30
【場所】かごしま国際交流センター 多目的ホール

鹿児島に居ながらにして外国の文化を体験し、異文化を理解してもらうことを目的として「インターナショナル カレッジ(第1回)」を実施しました。
同事業では、例年、海外のカレッジの授業を模して、英語を使ったディスカッションやグループワーク、ワークショップなどの形で授業を行っておりましたが、今年度は、新型コロナウイルス感染対策として、人との接触を伴わない講義形式での授業(60分授業を2科目)を行いました。中学生から70代まで64名の参加者の皆様には、英語だけでの授業を楽しんでいただけたようでした。

【内容】
◆1限目;ミッシェル先生の「Cyber English: Learning Internet Slang(サイバーイングリッシュ:インターネットのスラングをまなぼう)」
◆2限目:ペリー先生の「COVID-19 English(コロナウイルスからみる英語)」

【参加者の感想(アンケートより)】
 ◇学生
 *1時間全て英語で授業を受ける経験はなかなかないので、貴重な時間を過ごすことができた。
 *一緒に参加した大人の人たちが積極的にコミュニケーションをとっていてすごいと思った。刺激になった。
 *自分も自分の言葉(英語)で意見が言えるようになりたい。
 ◇一般
 * Internet Slangは面白いので早速使ってみたい。COVID-19は、SARSやMERSとの比較を含めた説明がわかりやすかった。
 *1コマ目は楽しく聞く講義、2コマ目はwriting&参加型の講義、異なる講義を受講できてお得感があった。
 * 内容がタイムリーな話題で、両講座ともに興味深くて夢中になりました。あっという間に時間が過ぎました。

college2

 

インターナショナルカレッジ(第2回) ~音楽で異文化体験~

【日時】2021年1月17日(日)10:00~12:30 
【場所】かごしま国際交流センター 多目的ホール

インターナショナル カレッジの2回目を実施しました。39名の方に参加いただき、アフリカの民族楽器ジャンベのリズム、スペインのフラメンコの唄とリズムを体験していただくことで外国や異文化などを感じていただきました。

内 容
◆1限目:マチャリア先生(ケニア出身)の ジャンベのリズム体験
◆2限目:ナバス先生(スペイン出身)のフラメンコの唄とリズム体験

参加者の感想(アンケートより)
*初めてこのような学びを受けましたが、体験することでより身近に感じることが出来て楽しい時間でした。普段は日本人としか接することがないので、今回フラメンコの唄を通して人生観を見たり、音楽を通して文化の違いなどを感じて、もっとたくさんの国の方と接したいと思いました。
*ジャンベ演奏を体験出来て良い体験になった。三島村とのつながりも知ることができて良かった。フラメンコは赤いドレスを着て踊るものだと勝手に思い込んでいたため、ヒターノ(ジプシー)の方たちにとって日常生活の一部で感情表現の一種であることを知り驚いた。
*素晴らしかったです!とても楽しめました。ジャンベも叩けて、文化に触れることもでき嬉しかったです。フラメンコは一緒にリズムを刻んで歌えたのが本当に楽しく感じられる時間になりました。

【イベントレポート】知ろう!学ぼう!オンライン国際協力セミナー

2021.03.05

2月27日(土)13:30~15:30、ZOOM を使用し、オンラインで「知ろう!学ぼう!オンライン国際協力セミナー」を開催しました。当日は鹿児島県内にお住まいの中学生、高校生、大学生8名にご参加いただきました。

前半は、県内で国際協力に携わっている講師2名のお話を聞きました。

まずは、鹿児島県ユニセフ協会の立石さんより、世界の子どもたちが置かれている厳しい現状や、ユニセフで取り組んでいる活動についてお話しいただきました。安全な水が確保できなかったり、厳しい労働を強いられ、学校へ通うことができなかったりと、自分と同じ年代の子どもたちが苦しい生活をしている状況を目の当たりにし、参加者の方々は大変熱心に話を聞いている様子でした。

次に、JICAデスク鹿児島の仮屋さんより、青年海外協力隊を目指したきっかけや、モルディブでの活動内容をお話しいただきました。参加者の中には、「将来は青年海外協力隊として現地で活動したい!」という方も多く、講師の方のキャリア形成にとても興味を持っていらっしゃいました。

後半は、2つのグループに分かれて、「イベントを通しての感想」、「自分の身近でできる国際協力とは?」についてそれぞれ考えました。「まずは、世界の現状をもっと深く知る事が大事だと思う。」「フェアトレードの商品を購入してみる。」など、意見が活発に飛び交い、とても有意義なグループワークになりました。

コロナウイルス感染症拡大により、なかなか海外での支援が難しい状況ですが、学生の方々が国際協力に更に興味を持ち、鹿児島から協力の輪を広げていく良いきっかけになったと思います。

 

国際協力体験イベント写真②国際協力体験イベント写真

 

 

 

 

 

 

 

【イベントレポート】African & African Diaspora Heritage Celebration~世界各国のアフリカ系文化紹介~映画上映

2021.02.24

2月に3週連続で開催されたAfrican & African Diaspora Heritage Celebration~世界各国のアフリカ系文化紹介~。

後半2回は、海外映画を切り口に、アフリカ系文化への理解を深めよう!という趣旨のもと、2月13日(土)は「スパイダーマン:スパイダーバース」、2月20日(土)は「星の王子ニューヨークへ行く」を上映しました。それぞれ、外国人講師による文化的背景の解説も行いました。

「スパイダーマン:スパイダーバース」では、講師のStephen Macharia氏がスパイダーマンに扮して登場し、場を盛り上げました!これまで、スパイダーマンシリーズは8作品制作されていますが、アフリカ系の人物が主人公になったのは本作が初めて。「人種に関係なく、誰でもスーパーヒーローになることができる」という夢を世界中の子ども達に与えた作品であるということ等を、Stephen氏に解説いただきました。

「星の王子ニューヨークへ行く」は1988年公開のコメディー映画で、講師Melissa Phenius氏のセレクト。上映中も終始、参加者の方の笑い声が聞こえてくる、とても楽しい映画でした。主演エディ・マーフィが1人4役を演じており、彼の名演技をきっかけとして、後のアフリカ系俳優達の活躍の場が広がっていったということでした。

映画終了後のQ&Aの時間には、講師への質問に加え、参加者同士で感想を共有することができました。「普段だったら見落としがちな考え方や、映画の演出に気づいた」「改めて地球人みんな一緒ということを感じた」という声をいただきました!

全3回のAfrican & African Diaspora Heritage Celebration~世界各国のアフリカ系文化紹介~にご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

【イベントレポート】African & African Diaspora Heritage Celebration~世界各国のアフリカ系文化紹介~オープニングイベント

2021.02.16

2月に3週連続で開催予定のAfrican & African Diaspora Heritage Celebration~世界各国のアフリカ系文化紹介~。

2月6日(土)オープニングイベントで幕を開けました!個性豊かな5人の外国人講師をお招きし、とても賑やかな雰囲気となりました。(Melissa Phineus氏、Stephen Macharia氏、Alicia Gobin氏、Raulston Gillette氏、Tyree Johnson氏)

まずは、母国紹介プレゼンテーション。ケニア・ハイチ・ガイアナ・アメリカ合衆国について、歴史・文化・言語といった様々な観点から紹介しました。歌あり、ダンスあり、おいしそうな食べ物もあり、盛りだくさんの内容でした!

次に、海外絵本の紹介です。ガイアナの「Anansi and the Pot of Beans/アナンシとマメのなべ」という100年以上前から伝わるお話を、臨場感たっぷりに読んでいただきました。

会場には、各国の雑貨や民族衣装、絵本が並べられ、大きな6枚のポスターも展示されました。これは講師達がそれぞれの母国の紹介したい人物を選び、作成したものです。日本では馴染みのない人物のポスターもあり、参加者の方からは「知らなかった人を知ることができた」「普段触れることのないアフリカ文化にふれることができて有意義だった」という声をいただきました。

イベントは次回2月13日(土)「スパイダーマン:スパイダーバース」上映、最終回2月20日(土)「星の王子ニューヨークへ行く」上映と続きます。まだまだ募集を受け付けていますので、あなたも一緒に映画を通じてアフリカ系文化を学んでみませんか?

AADHC Event Flyer(1)AADHC Event Flyer(2)

展示ポスターデータ
 
6 / 6« 先頭...23456

鹿児島市国際交流センター

  • 休館日  月曜日
    (祝日の場合 翌平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)
  • 開館時間  9:00~21:00
    (日曜・祝日は17:00まで)
  • 駐車場  乗用車14台
  • 交 通
    市電甲東中学校前電停からすぐ
    甲東中学校前バス停からすぐ

鹿児島市国際交流センター情報

  • (公財)鹿児島市国際交流財団
  • 鹿児島市民交流財団 フェイスブック
  • アジアん鹿児島
  • 鹿児島市
  • 鹿児島市 市民便利帳
  • 鹿児島県国際交流センター
  • CLAIR 多言語生活情報

  • 〒892-0846
    鹿児島市加治屋町19番18号
    TEL (099)226-5931
    FAX (099)239-9258
  • 19-18 kajiya-cho kagoshima
    892-0846 Japan
    TEL (81) 99-226-5931
    FAX (81) 99-239-9258

Copyright (C) 鹿児島市国際交流センター All Rights Reserved.